HOME > 透析室・リハビリテーション

透析室・リハビリテーション

透析室案内

当院では、透析治療を行っています。
明るい透析室でアットホームな雰囲気を大切にして、患者さまおひとりおひとりの病状にあった適切な医療が提供できるよう、医師、看護師、臨床工学技士の医療チームは日々研鑽し努めていきます。また地域福祉機関と連携を図り、安心して通院できるよう社会資源の活用を推進しております。

当院の特長

  • ベッド20台に人工透析機器20台。当院では通常の透析以外にもOn-line HDFに対応できます。(20台中6台)
  • 各ベッドにテレビ設置しており、透析治療中にお好きな番組をご覧になって過ごしていただけます。
  • 各自専用のロッカーを用意しております。男女別のロッカー室で施錠できます。
  • 定期検査を月1回行っております。(血液検査・胸部レントゲン・心電図)

透析日・時間

曜日 時間
火・木・土 9:00~
月・水・金 8:00~、13:00~

1クール:4時間
※日曜のみお休み、祝日も透析治療を行っています

当院での透析治療をご希望の方へ

治療の流れ

(ご自身の名前カードをおいて測定。出た紙をベッドへ)

(ご自身の名前カードをおいて測定。出た紙はパソコンへ)

体重測定

(ご自身の名前カードをおいて測定。出た紙をベッドへ)

透析治療
体重測定

(ご自身の名前カードをおいて測定。出た紙はパソコンへ)

持参品

  • 止血用ベルト(必須)
  • 枕用タオル
  • 敷タオルケット(バスタオルや敷パッド等)
  • パジャマ(できる限り一定の衣類【重さ】でお願いします)
  • イヤホン
  • 保険証等各種

一度すべてお持ちください。コピーさせていただきます。また、更新の都度ご持参ください。

  • 保険証
  • 介護保険証
  • 後期高齢者医療費保険者証
  • 身体障害者手帳
  • 特定疾病療養受療証
  • 重度心身障害者等医療費受給者証
  • 自立支援医療受給者証(厚生医療)
  • 限度額適用・標準負担減額認定証

その他にも何かお手持ちの受領証等がありましたら、一緒にお持ちください。

各自専用のロッカーを用意してあります。施錠ができますが、来院・治療時のみで帰る際は開錠の上、鍵を刺したままにしておいて下さい。また、貴重品等大切なものは各自で管理をお願いします。

家電製品(コンセント必要なもの)は、基本使用できません(必要な方は要相談)。また、携帯電話の使用は最低限にお願いします。

有料になりますが昼食・夕食の用意できます。

その他不明な点があれば遠慮なくスタッフまでお尋ねください。

送迎について

日中の時間帯において無償送迎サービスを行っております。送迎を希望される方は、透析室スタッフまでお申し出ください。

お食事について

外来透析をご利用される患者さまには有料にて昼食・夕食のご用意が可能です。お食事を希望される方は透析スタッフまでお申し出ください。患者さまのお体の状態、病状により栄養管理士のもと外来透析用の治療食を、ご用意いたします。

旅行・出張透析のご案内

旅行や出張などの方の臨時透析もお受けしております。
ご希望の方は、事前にご連絡ご相談ください。

◆お問合せ先
TEL:088-685-8855

リハビリテーション科

リハビリテーション

対象疾患

・整形疾患
・大腿骨頸部骨折術後
・脊椎圧迫骨折
・変形性関節疾患
・中枢疾患
・脳血管障害(脳出血、脳梗塞)など

当院では、日常生活を無理なく過ごしていただくため、患者様に寄り添い、お一人お一人の状態に合わせたリハビリを提供しています。
在宅への自立支援を強化し、各職種連携をとり質の高いサービスを提供できるよう心掛けております。
また、杖や福祉用具の選定や購入のサポートも行っておりますのでお気軽にご相談ください。

理学療法

理学療法は病気やケガ、高齢などにより身体機能が低下した方に運動療法を行います。
筋力の向上、関節の動きやバランスの向上等にアプローチをし、基本的動作能力(寝返る、座る、立ち上がる、歩くなど)の回復を目指し、自立した生活を送れるよう支援致します。
また物理療法(温熱療法、電気治療)により痛みの軽減や循環の改善を図る治療も行っています。

作業療法

様々な作業を通して身体機能の維持・向上、日常生活動作(食事、整容、入浴、トイレなど)や
家事動作(掃除、洗濯、調理など)など生活に必要な具体的な動作の訓練を行います。
また適切な福祉用具や自助具使用のアドバイスを行い、職場や家庭復帰できるように支援します。

Copyright ©岩朝病院 All Rights Reserved.
ページ上部へ